manner
  1. ホーム
  2. 婚約中から挙式準備まで
  3. 婚約中の交際、解消する場合

婚約中の交際、解消する場合

婚約中の交際について

婚約は「結婚するという約束」ですから、いつまでに結婚しなくてはならないという制約は
ありません。
結婚までの準備期間として交際を続ける、お見合いだったためお互いをよく知るために
交際期間を設けるのは互いにとってメリットがあります。
婚約には様々な形がありますから一筋縄ではいきませんが、基本的には「婚姻の予約契約」
とされています。ですから、一方的な婚約破棄には法的責任を伴います。
だからといって、結婚を強制することはできません。
婚約中はミスマッチを判断し、予約契約を破棄できる可能性もありますので、婚約中の交際に
於いて互いの相性をしっかり見極めることや、お互いに感情による交際から、社会的
パートナーとして相応しいかを見極めることのできる期間でもあります。
ただし、一方がミスマッチを感じても、もう一方は婚約破棄する気がさらさらないという
ケースも多々生じます。
こういった場合は非常に話がこじれますので、少しでも迷いがある場合は婚約を
延期した方がいいでしょう。

婚約を正当に解消できる理由とは?

正式に行っていれば法的な効力を持つ婚約ですので、安易な解消はできません。
ただし、明らかに解消すべき理由が認められる場合は、正当に解消することができます。
簡単に説明すると、騙されていた場合や社会的に不適合であると見なされる事情が
判明した場合です。例えば、婚約者に浮気をされて婚約解消となった場合や、婚約者が経歴や
年齢を詐称していた場合、犯罪歴や借金を隠して婚約していた場合や、暴力を
ふるわれた場合などです。これらのケースでは、婚約を正当に破棄できるだけでなく、
婚約破棄を申し出る側が相手に対して損害賠償を申し出ることも可能です。
他にも、性的不能であることを隠されていた場合、一方が子供を望んでいたケースでは
婚約の解消が可能です。また、回復不能な病気にかかったり、経済状態が日常生活に
支障が出る程度に悪化した場合なども、話し合いの上で婚約を解消することができます。

一方的な婚約解消には婚約不履行の訴えを

逆に、上記のような理由がないのに一方的に合理的な理由がないのに婚約を解消されて
しまった場合は、婚約不履行で相手を訴えることができます。
性格や性の不一致、他に好きな人ができたから、婚約はしたものの迷いが不安生じたから、
親に反対されたなどのケースで婚約破棄を申し出られた場合は、婚約不履行として訴えを
起こし、場合によっては損害賠償を請求することができます。
ただし、「婚約をしていた」という事実が社会的に明らかである必要があります。
「結婚しようね」といった口約束程度では認められない場合がありますので、
注意しましょう。
具体的には、婚約指輪を渡したあるいは貰っている場合や、両家の顔合わせを行っているなど
第三者による証人が可能な場合、式場の予約をしている場合や、配偶者として不動産や
賃貸の契約を行っている場合などです。このような事実がない限り、10年交際している
から、同棲しているから等の事情があっても婚約していると認められない場合があります。

婚約解消をした際の後始末

婚約解消はお互いにとって精神的なダメージも大きいものです。
婚約解消後は何も考えられない、精神的に落ち込むといった方が大変多いでしょう。
ただし、まずは婚約を報告していた家族や親戚には報告しておくべきです。
あとは、婚約に関してかかったお金の清算や、結納金、指輪についてどうするのか相談
しましょう。
弁護士をたてて訴訟するまでもない場合は、慰謝料などについても双方合意のいくように
話し合いをしましょう。
特に一方的に破棄された場合や、相手に不備や不貞があった場合は心も落ち込みがちですが、
こちらからお金の話をしていかないとうやむやにされてしまう可能性があります。
そして最も大切なのは、ご自身の心のケアです。
「あの時あの人と結婚しなくてよかった」といつか思えるはずです。
暫くは心の許せる家族や友達に泣きつく、新しい出会いを探して遊び回る、
辛いときは自分を甘やかすなどして、少しずつ心の整理をつけていきましょう。

婚約解消は客観的な立場の人に相談を

婚約解消はお互いの認識の相違などで起こる複雑なケースが多いほか、一方が完全に
非を認めたり、申し出に完全に合意してくれることが非常に少なく、こじれやすいのが
事実です。
婚約解消したい、されてしまった場合は、第三者に客観的な意見を聞くようにしましょう。
可能であれば婚姻に関する法律に詳しい弁護士に相談するといいでしょう。
そのまま訴訟にもつれこんだ場合にも、力強い味方になってくれるはずです。
ただし、弁護士に相談する場合は、訴訟を前提としての相談になることも多く、和解の余地が
なくなる場合もあります。まだ話し合いたいという段階では、冷静な第三者を相談役に
立てましょう。
双方どちらの敵でも味方でもない、聡明で客観的な方がいいでしょう。
第三者をはさむことで双方冷静な話し合いの場を持つことができます。
案外感情をクールダウンして話をしているうちにお互いが素直になり、婚約解消を
解消する・・・なんていうことも、あり得るものなのです。

婚約中から挙式準備まで

招待客側

婚約から結納まで

婚約中から挙式準備まで

さまざまな挙式スタイル

結婚の礼装

結婚式当日

仲人(媒酌人)

挙式後の新生活

お見合い(縁談)

ページの先頭へ

 

結婚準備&マナー集:婚約中の交際、解消する場合についてのマナーをご紹介します