manner
  1. ホーム
  2. 婚約中から挙式準備まで
  3. 挙式、披露宴会場を選ぶとき

挙式、披露宴会場を選ぶとき

式場、会場の選び方はまず挙式スタイルから

予算・立地など、式場や会場選びには検討材料が沢山あります。
でも、その前にまず考えておきたいのが、挙式スタイル。
教会で式を行い、洋式の披露宴を行うのか、神式で行い、料亭などで会食を行うのか。
最近では人前式でにぎやかにするというケースや、仏式も存在します。
一般的でオーソドックスな式や、華やかなウエディングドレスを希望するのであれば、
教会でのキリスト教式がお勧め。
伝統的で荘厳な式や、白無垢が着たい方、神道を信仰している場合は神式を、
敬虔な仏教徒のご家庭は仏式を、宗教や形式にとらわれず、カジュアルににぎやかに、
好きなスタイルで行いたい場合は、人前式でおこないます。
挙式スタイルが決まったら、式場はおのずと絞られてきますが、ホテルであれば仏式以外の
様々な式に対応できるため、根強い人気があります。
宗教上の理由がメインで選択した場合は、普段お世話になっている教会や氏神様、
菩提寺などに相談して決めましょう。

披露宴会場を選択するときのポイント

披露宴の会場選びには様々なポイントがあります。
まずはホテル。ホテルのメリットはとにかく様々な挙式と披露宴を経験していること、
式をしてそのまま披露宴ができること、一流のサービスが受けられること、そのまま宿泊が可能なことです。
ただし、デメリットとしてはお値段が高額になること。
最近では挙式金額の透明化が進み、披露宴の価格も安くなりつつありますが、ホテルでは
未だに小物に驚くような値段が付けられています。
レストランウエディングも人気です。お値段が比較的リーズナブルで、「料理」をメインに
会場を選びたい方にはぴったりです。ただし、比較的カジュアルになるので、格式高い式を
望まれるご両親には理解を得にくいかも。
また、貸し切り型のゲストハウス等はアットホームでリゾートチックな自由度の高い披露宴が
できるのが魅力です。ただし、庭を使用することも多いため、天候に式の内容が左右されやすいのがデメリットでもあります。
専門式場で式のみ行った場合は、披露宴では移動になるケースもありますので、そういった点も踏まえてどんな式がしたいか、披露宴はどんなものにしたいかを考えて選びましょう。

式場の申し込みをするとき

人気の式場は吉日が1年前でも埋まっています。
式場が決まったらいち早く押さえておきましょう。
申込みをする際は、申込金の要否の確認、キャンセルポリシー(万が一キャンセルになったら
いつまでの場合いくら必要か)について確認します。
また、テーブルが何卓入り、全部で何名になるか、式直前の人数増加にある程度耐えられる
のか等の確認が必要です。
また、担当の方のメールアドレスを確認しておきましょう。
些細な疑問等をメールでやりとりできますし、記録が残るため直前になって話が違う!
ということを避けられます。
基本的に一度申し込んだらキャンセルできないという認識でいたほうがいいでしょう。
早く押さえるにこしたことはないですが、あまり納得がいっていないのに申し込んでしまうと、あとあと面倒が起りがちです。

婚約中から挙式準備まで

招待客側

婚約から結納まで

婚約中から挙式準備まで

さまざまな挙式スタイル

結婚の礼装

結婚式当日

仲人(媒酌人)

挙式後の新生活

お見合い(縁談)

ページの先頭へ

 

結婚準備&マナー集:挙式、披露宴会場を選ぶときについてのマナーをご紹介します