manner
  1. ホーム
  2. 婚約から結納まで
  3. 親にあいさつをする場合

親にあいさつをする場合

緊張の、ご両親へのご挨拶はこうして乗り切ろう

まずは、きちんとした挨拶で好感度を獲得すべし。
ぐずぐずしていて、「なんだか結婚するらしい話は聞いたけど、なかなか挨拶に来ないわね」
というのが最悪のケース。婚約したら、少なくとも1ヶ月以内に挨拶に行きましょう。
当たり前ですが、挨拶に遅れるのは禁物です。時間に余裕を持って行動しましょう。
また、各自ご自身の親に相手の情報はある程度伝えておきましょう。
「口下手だけど優しい人だから」「地味な子だけど、すごく家庭的なんだよ」といった
ように、相手の欠点もカバーするように話しておくと、結婚のお話もスムーズに
進むかもしれませんね。
「お邪魔致します」「有り難うございます」「失礼致します」と、しっかりした口調で
はきはきお話しましょう。
緊張はしますが、できる限り朗らかに振る舞い、会話を盛り上げましょう。

訪問時のマナー

日時はしっかり決めましょう。
可能な限り、昼食を挟んでゆっくり話ができる正午〜14時あたりが望ましいです。
訪問時は必ず手みやげを準備していきます。
お菓子やお酒など、先方のご両親がお好きなものを聞いて持参します。
およそ3,000円程度のものが相応しいでしょう。
服装は、派手・不潔・だらしないものを避け、女性なら清楚なオフィスカジュアル系、
男性ならスーツを選択します。
お家に招かれた際は、靴を揃える等の基本的なマナーにも注意。
お食事の際の箸の使い方などの基本的なマナーも心しておきましょう。
座る場所は先方がご案内して下さった席で構いませんが、案内がなかった場合は下座に
座ります。先方のご両親があくせくと台所の準備をしていたら、手伝わなくてはならないかも…という気分になりますが、出しゃばりすぎるのも禁物です。
「手伝うことはありますか?」とお声がけしておき、座っておいてと言われたら、指示通りにしておく方がいいでしょう。

緊張するけれど、本題は早く伝えましょう。

お顔合わせをしてから、お時間を頂いたお礼・軽く世間話をします。
ただし、本題は早めに伝えるようにしましょう。
また、ダラダラと長居するのも禁物です。お食事をかねる場合は、食べ終わって暫くしたら、
タイミングを見て退出しましょう。
また、まだ了承頂いていないうちから「お義父さん」「お義母さん」というのも
控えておいた方がいいでしょう。また、相手の名前をぽろっと普段の呼び名で
呼んでしまいがちですが、「○○さん」ときちんとお呼びします。
ご挨拶から帰ったら、お礼状を書いて送りましょう。
こちらも、早く届けば好印象ですから、後回しにしないように。

婚約から結納まで

招待客側

婚約から結納まで

婚約中から挙式準備まで

さまざまな挙式スタイル

結婚の礼装

結婚式当日

仲人(媒酌人)

挙式後の新生活

お見合い(縁談)

ページの先頭へ

結婚準備&マナー集:親にあいさつをする場合についてのご紹介します