manner
  1. ホーム
  2. 婚約から結納まで
  3. 両家顔合わせをする場合

両家顔合わせをする場合

互いのご両親へのご挨拶が終わったら、今度は両家の顔合わせです。
カップルが協力し合い、両家のご親族との調整や準備などを進めていかなくてはなりません。
顔合わせまでにしておきたいことや注意点についてまとめました。

ご両親同士が顔合わせをする場を設ける

互いの両親に結婚の了承を得たとしても、基本的にはこの「顔合わせ」もしくは「結納」を
もって正式な婚約と考える方も多いため、両家へのご挨拶が完了したら、準備を進めて
いきましょう。一般的には結婚式を行う半年前〜3ヶ月前に行うことが多いですが、結婚式に
ついてカップルが完全に決めるのではなく、両家と話し合って決める場合は、式に
間に合うように調整します。
顔合わせを行う更に3ヶ月前には、日時の調整と場所のフィックスは完了しておきましょう。
双方のご両親の好みに合わせて、落ち着いたお店を予約します。個室が望ましいでしょう。
とても大切な場ですから、必ず下見も行っておきましょう。

当人同士が両家をひきあわせる

当日は双方の両親も緊張していますが、ここで両家が親密になれるように計らうのも
カップルの仕事。前日までに、和やかに話し合えそうな話題を用意しておいて、
場を温めましょう。ただし、政治・宗教・スポーツの話は、両家の意見が分かれて
気まずい雰囲気になる可能性があります。
ビジネスのシーンと同様、避けるように心がけましょう。
また、当日の進行は男性側の父親か、もしくは男性本人が行います。
こちらもどのように進行していくのかを、進行役がしっかりチェックしておくように
しましょう。
食事の費用は両家の折半となることもありますが、カップルが2人で全員分出すことも
あります。
服装は格式の高いものにするのが理想ですが、両家で認識が異なると当日の服装にも
差がついてしまいますので、予め相談しあっておくといいでしょう。

結納に替えて顔合わせの食事会をすることも

伝統的な結納を行うカップルもまだまだ多いものの、最近は顔合わせの食事会を
結納の替わりとする方や、食事会と結納を一緒に行うカップルも多いのです。
食事会のみの場合は結納品は準備しませんが、婚約指輪等の記念品を食事会の中で
交換することが多いようです。
結納を行う時ほど儀式的な部分は少なくなりますが、これも正式に結婚の約束を
交わす重要な場面ですから、当日にミスがないように事前にしっかり話し合って
準備をしておくことをお薦めします。
格式高い和食のお店等はこういった場によく利用されているため、会場が決まったら
そのお店の人にいろいろと相談してみてもいいかもしれませんね。

婚約から結納まで

招待客側

婚約から結納まで

婚約中から挙式準備まで

さまざまな挙式スタイル

結婚の礼装

結婚式当日

仲人(媒酌人)

挙式後の新生活

お見合い(縁談)

ページの先頭へ

結婚準備&マナー集:両家顔合わせをする場合についてのマナーをご紹介します