manner
  1. ホーム
  2. 婚約から結納まで
  3. 結納当日の準備をする場合

結納当日の準備をする場合

結納を行う場所

最も伝統的な結納では、仲人が両家を行き来する形式になりますが、最近は略式結納が主流に
なりつつあり、様々な場所で結納が執り行われています。
女性宅で行われるケースが多いですが、男性宅で行っても問題ありません。
また、ホテルや式場も人気があり、様々なカップルの結納に携わっているため、不明な点など
相談に乗ってくれるでしょう。顔合わせの食事を兼ねた結納を行う場合は、レストランや
料亭なども人気があります。ただし、格式の高い店を選ぶようにして、そのお店で結納を
取り扱った経験が数多くあるのかどうかもチェックしておきましょう。
どのような場所で行うにしても、落ち着いた空間で行うことが必須です。

便利な「結納パック」

インターネットや百貨店、ホテルなどで「結納パック」を取り扱っているところが沢山あります。 結納に必要な品目を網羅して販売しており、たいへん便利です。
関東式と関西式などの地域性や、7品目、9品目、11品目など様々なケースに対応できる
パックが販売されているため、ご両家の考えている結納にあったパッケージが見つかると
それを購入するだけで準備の手間が省けます。
ただし、クオリティも様々で、特にインターネットは実物が見られないため、口コミなどを
参考にして賢く利用しましょう。

当日の準備中、NG項目は?

実は、結納が始まるまで〜結納中は無駄な話をしないというのが本来のしきたり。
食事も兼ねた結納ならワイワイやるイメージがあるかもしれませんが、本来は粛々と結納を
行い、結納が無事に完了してからお話をするのがマナーなのです。
どちらかのお家で結納をする場合は、来てくださった一家にお茶やお菓子を出したくなる
気持ちがあるかもしれませんが、お茶を濁すと言いますので先には出しません。
黙々と準備を行い、結納の後にお茶やお菓子を出しましょう。
ちなみに、おめでたい昆布茶や桜茶が喜ばれます。

洋室で結納を行う場合

お家が洋室である場合や、洋室のレストランで結納を行うケースも増えています。
洋室の場合は、結納品をテーブルの上に飾り執り行います。
目録や結婚記念品などを相手にお渡しするときは、必ず椅子を立って渡す本人の前に
運び出します。

結納当日のファッション

正式な場ですから、着物であれば文句はないでしょう。
ただし、ドレスやスーツ等の洋装も問題ありません。気をつけたいのが両家の認識です。
一方が大変フォーマルに、一方は全員和装、あるいは家ごとに格式が違うとなると
あまり好ましくありません。
事前にどの程度の服装で行くのか、女性は洋装か和装かを話し合って決めておきましょう。
洋装が許されるからといってカジュアルすぎるのは好ましくありません。
露出を控えた清潔でかしこまった服装を心がけ、安っぽい服や生活感のする服は
避けましょう。

婚約から結納まで

招待客側

婚約から結納まで

婚約中から挙式準備まで

さまざまな挙式スタイル

結婚の礼装

結婚式当日

仲人(媒酌人)

挙式後の新生活

お見合い(縁談)

ページの先頭へ

結婚準備&マナー集:結納当日の準備をする場合についてのマナーをご紹介します