manner
  1. ホーム
  2. さまざまな挙式スタイル

さまざまな挙式スタイル

挙式スタイルの多様化について

無宗教国家、多宗教国家と言われる日本に於いて、挙式スタイルにも様々な宗教、あるいは
無宗教に対応するべく様々な挙式スタイルが誕生しています。
今までの挙式スタイルといえば、多くがキリスト教式を思い浮かべるところです。
実際に、特に宗教を持たないカップルも、キリスト教式を選ぶことが多いよう。
ですが、結婚式場でのチャペル等のキリスト教式については、正式なキリスト教式とはまた
区別されます。信仰の厚いキリスト教信者の方については、カトリックとプロテスタント式が大きく分けて存在します。 また、日本古来の宗教である神道に対応して、神社等で行う神前式、あるいは現在ではまだ非常に珍しいですが、仏式の結婚式も存在します。
宗教にしばられず自由に行う自由式や、神様ではなく参加者の方が証人となる、人前式等、様々な挙式スタイルがあります。 また、挙式スタイルの多様化に合わせて、披露宴も様々な
形式のものが生まれています。よくある会場でのパーティー形式から、和装に対応できる
和風の披露宴、自宅で行う披露宴等、挙式のイメージから乖離しないような披露宴を行うことができます。

挙式スタイルの選び方

特定の信仰がある場合は、もちろんその宗教の形式に合わせて行うのが望ましいでしょう。
他にも、着たい衣装から、挙げたい式の雰囲気からも選ぶことができます。
また、本人同士はとくに拘りがなくても、ご両親や親戚間では特定の宗教で行いたいという
希望をもっているケースもありますので、両親にも相談して決めるとよいでしょう。

珍しい形式での挙式には注意を

チャペルチャペルで行う形式の挙式が日本では最もオーソドックスなため、こういった式に参加したことがあるという参加者は
かなり多いはずです。また、初めて結婚式に参加するケースでも、チャペルのキリスト教式でのマナーや服装、当日の
流れ等はインターネットはじめ、情報が非常に入手しやすいものです。 しかし、その他のまだマイナーな式の場合は、当日の式の内容や求められるマナー、服装等についても、
経験したことがないためわからない、情報を入手しようにもどこを調べたらいいかわからない、といったことが多く、
参加者の方を不安にさせてしまうことがあります。
事前に口頭やメール、葉書などで、お願いしたい点についてお伝えする等といった配慮が必要になります。
その他、挙式スタイルによって様々な注意点があります。
以下に記してありますので、参考にどうぞ。

さまざまな挙式スタイル 一覧

招待客側

婚約から結納まで

婚約中から挙式準備まで

さまざまな挙式スタイル

結婚の礼装

結婚式当日

仲人(媒酌人)

挙式後の新生活

お見合い(縁談)

ページの先頭へ

 

結婚準備&マナー集:さまざまな挙式スタイルについてのマナーをご紹介します