manner
  1. ホーム
  2. さまざまな挙式スタイル
  3. 挙式スタイルの特徴と注意したい点

挙式スタイルの特徴と注意したい点

一言に結婚式と言っても、様々な挙式スタイルが存在します。
どれも魅力的で迷ってしまうでしょうから、それぞれの式の特徴と注意点をよく把握して、
自分たちに一番合った式を選ぶようにしましょう。

神前結婚式

神前結婚式は日本の最も伝統的な式のひとつです。
白無垢や和装を着用し、荘厳な雰囲気の式を行うことができます。
最近ではホテルで神前結婚式を行うこともできますが、やはり不動の人気は神社で行う
結婚式。
しきたりが全然わからない!と言う方でも、神主様が式の流れは説明してくれるので、
神道に深い信仰が今までなかったという方でも、つつがなく式を行うことは充分可能です。
注意点としては、ホテルでなく神社で行う場合は友人を呼べないところもあるということ、
呼べる神社でも少人数になることです。また、大変品格ある式になりますので、
一般的な挙式のようにバシャバシャ写真を撮ったりといった雰囲気ではなく、
終止静かな雰囲気となります。華やかで楽しげな式を望む方には少しイメージとは
違うかもしれません。

キリスト教式結婚式

日本でも最もオーソドックスな式がキリスト教式です。
純白のウエディングドレスに身を包み、バージンロードを歩くのは、女性なら1度は夢見た
光景かもしれませんね。独立式場やホテルなども、多くがキリスト教式の結婚式に
対応しているため、気になった式場が対応してなかった・・・なんてことも
まずないでしょう。
周囲の方もキリスト教式の結婚式を行った方は多いはずなので、相談に乗ってくれる
先輩カップルも多いかもしれません。
ただし、注意したいのは、キリスト教に深い信仰がある場合は、一般的にイメージする
キリスト教式の挙式とは全然違う場合があることです。
特に、カトリックの式は大変厳格なもので、式場は基本的に街の教会などを使います。
喫煙のみならずお酒も禁止で、皆で飲みながら大盛り上がりするというイメージとは
かけ離れています。プロテスタント式は信仰を持っていなくても挙式が許されるため、
一般的な式のイメージに近いのはこちらです。

人前結婚式

人前結婚式は自由なスタイルの挙式です。
特定の信仰を持たず、友人たちに愛の証人になってもらおうというもの。
魅力はなんといってもその自由度の高さ、2人の共通の趣味を押し出した式が可能です。
注意点としては、まだまだ上の世代の方の理解を得られないことがあったりすること、一般的なフォーマットが厳格に定められていないため、2人が決定すべきことが多い点です。
また、当然ながら神社や街の教会など、信仰を前提としている式場では行うことは
できません。
何から何まで自分で決めたい!といったタイプの方にはちょうどいいかもしれませんね。

自宅結婚式

自宅を飾り付けて、自宅でドレスを着て・・・自宅結婚式はプライベートでアットホームな
式ができるスタイルです。
式場の費用がかからないためリーズナブルに行うことができる上に、
足腰の弱いご老人が親族にいる場合でも、外の式場に比較して負担が少ないという利点も。
注意点としては、とにかく準備が大変だということと、沢山の品物を一時的に運び込んだり、
沢山の人が訪れるため、近隣の方々への配慮が必要な点です。
最近では、自宅結婚式をサポートしてくれるウエディングプランナーも存在しますので、
自分たちだけでの準備に不安があれば、相談してみるといいでしょう。

仏前結婚式

仏式の結婚式はまだまだマイナーですが、敬虔な仏教徒の方が選択することもあります。
菩提寺がある場合は「家」を意識した式になること、こちらも基本的には自宅もしくはお寺で
行うため、お寺へのお布施の金額にもよりますが、比較的リーズナブルに行うことができます。注意点としては、仏教は宗派が非常に細分化されているため、両家で同じ宗派を
信仰していなかった場合に話し合いが必要なこと、まだまだマイナーなため、ホテルなどでは
取り扱っていないケースが非常に多い点が挙げられます。

海外、リゾート挙式

青い海で非日常を楽しみながらの海外挙式やリゾート挙式。
ハネムーンを兼ねて行えること、行く国にもよりますが意外とリーズナブルなこと、何より日本を飛び出す開放感の中で心置きなく式ができることが魅力です。
注意点としては、実際に何度も現地を見に行くことができないため、当日に思ったのと違った!ということが起こりやすいことです。
また、友人や親族が大挙してリゾート地に行けるわけではないので、参加者がかなり限定されること、参加者の宿泊や交通も手配しなくてはならないことなどがあります。

ガーデンウエディング

都会にいながら開放的な気分を味わえるガーデンウエディングも人気です。
ホテルのように他のカップルの札が乱立しているといったこともなく、プライベート感を
味わいながら楽しむことができます。アットホームな式をしたい方には人気があります。
注意点としては、天候に左右される可能性があることや、寒い時期と暑すぎる時期は
避けたがるカップルが多いため、春や秋など気候がいい時期に予約が殺到することです。

さまざまな挙式スタイル

招待客側

婚約から結納まで

婚約中から挙式準備まで

さまざまな挙式スタイル

結婚の礼装

結婚式当日

仲人(媒酌人)

挙式後の新生活

お見合い(縁談)

ページの先頭へ

 

結婚準備&マナー集:挙式スタイルの特徴と注意したい点をご紹介します