manner
  1. ホーム
  2. 結婚の礼装
  3. お色直しの衣装

お色直しの衣装

お色直しは披露宴でのメインイベントの一つ。来場時にドレスの色当てクイズを行うカップルも多く、ゲストも楽しみなイベントです。
ウエディングドレスや白無垢など、一般的な式の衣装はカラーが白が多いですが、お色直し後の衣装は自由度が高く、カラーや型でも個性が出せるものです。
お色直し後の衣装についてポイントをまとめました。

和装でお色直し

和装式でドレスを着用したけど、和装にもあこがれがあるという方は、お色直しで和装を着用してもいいでしょう。
髪の毛の長さが足りない場合でも、衣装に合わせたかつらを用意したり、洋髪でも似合うカジュアル寄りの着物を
選択すれば、十分に時間内で洋装から和装にお色直しをすることができます。 また、神前の挙式をした後披露宴を行う場合や、会場が和風の場合は会場に合わせて和装を選ぶと統一感が出ていいでしょう。
白無垢から色打掛を追加する場合だと、お色直しの時間的な手間や費用の負担も軽微になります。


洋装でお色直し

洋装日常ではなかなか着られないドレスを堪能できる1日です。
ぜひ、ご自身の個性を発揮してドレスを選びましょう。
ウエディングドレスが白ですから、華やかな色のドレスを選ぶのが一般的です。 ピンクや黄色などのパステルカラーから、黒×赤などの刺激的なカラーのドレスも選択することができますので、ご自身の似合う色と、出したい個性から
選ぶことができます。 新婦が着用するドレスの色をあらかじめ来場者にクイズ形式で出題しておき、進行とともに
答え合わせをしていくというのも、会場一体で楽しめるでしょう。


スケジュールを上手に使えば複数回のお色直しが可能

せっかくの機会なので、何着も着たい!という方も多く、合計で4つの衣装を着こなす方も
います。式から披露宴会場に移動する際に着替えを済ませておけば、披露宴で空白の時間を
減らすことができます。 また、お色直しの時間は、和装から全く別の和装に着替えるパターンが一番時間がかかることが多く、ドレスからドレスに着替えるのは比較的時間が短くて
済みます。 この、会場移動の時間に一番時間のかかる和装のお色直しを持ってきて、
後でドレスを組み込めば、披露宴の途中で退席している時間を少なくすることができます。
また、当日あまり席を外したくないという場合、事前に着たい衣装で前撮りをしておき、
当日着用するドレスはまた別のものでもいいでしょう。
撮影した写真は披露宴で公開し、様々な衣装を着こなす新婦の姿を楽しんでもらいましょう。

結婚の礼装

招待客側

婚約から結納まで

婚約中から挙式準備まで

さまざまな挙式スタイル

結婚の礼装

結婚式当日

仲人(媒酌人)

挙式後の新生活

お見合い(縁談)

ページの先頭へ

結婚準備&マナー集:お色直しの衣装についてご紹介します