manner
  1. ホーム
  2. 結婚の礼装
  3. ドレスに必要な小物のそろえ方

ドレスに必要な小物のそろえ方

挙式と披露宴での最大の楽しみの一つはドレスですよね。でも、花嫁の美しさを引き立てるのは衣装だけでなく、可愛い小物も一役買っています。 こんな時にしか身に着ける機会のないドレスに合わせた小物には、ぜひこだわって揃えていきたいものですね。 代表的な3つの小物について解説いたします。

華やかな式を演出するフラワーブーケ

ブーケドレスといえばブーケは外せませんよね。
ご友人や親族にお花の扱いが上手な方がいれば、作成してもらうというケースもよくあります。 演出したい雰囲気別に、カラーや形、花材を選んでいきましょう。

  • オーソドックス
    最も一般的な形は、ラウンドブーケ。丸い形をしたブーケです。ドレスのタイプ問わず使えるオーソドックスなものなので、 ドレスとの似合い性が不安ならば、ラウンドブーケにしましょう。 花材はドレスの色と相性のいいものですが、幅広いものに対応でき、白やピンク・オレンジベースのものが人気です。
  • キュート
    年齢が若い方や、ミニ丈のドレスを着用される方、
    ちょっとカジュアルで可愛い雰囲気にしたい方には、バック型のブーケやリングブーケが
    おすすめ。 手からぶら下げるととってもキュートで、カジュアルさもあるため個性を
    出すことができます。 花の色はピンクや赤、オレンジを選ぶ方が多いようですね。
    ガーベラやカーネーションなど、丸くてぽてっとした花材を選ぶと雰囲気にぴったりに
    なります。
  • シック
    逆に年齢が少し上の方、身長が高いモデル体型の方、落ち着いた雰囲気のドレスの方には、
    アームブーケやキャスケード、ティアドロップがおすすめ。 アームブーケは丈の長い花を
    使うため、上品な雰囲気が出ます。キャスケードは花や葉っぱを下に流していく縦に長い
    ブーケで、優雅な雰囲気。 ティアドロップはラウンドブーケより少し縦長のタイプになります。
    アームブーケは茎の長いカラーやカサブランカが花材として利用されます。
    キャスケードやティアドップには、薔薇が根強い人気。
    いずれのタイプもカラーは白が人気です。
  • 個性的
    ちょっと変わった雰囲気を演出した方には、クレッセントやクラッチタイプがおすすめ。
    クレッセントは三日月形で、ちょっとカッコいい雰囲気が出ます。
    花材はトルコキキョウなどが人気で、紫のカラーを選ぶとスタイリッシュに仕上がります。
    クラッチは丈の短いタイプで、カジュアルな雰囲気が出せ、小柄な方・身長が低い方にも
    お似合いです。
    花材はチューリップや芍薬が人気。カラーは赤がおすすめです。

ブーケとセットで選びたいヘアード

ティアラ普段は着用できないかわいらしい髪飾りも、この日は全力で楽しめます!
ヘアードは基本的にブーケに合わせるとミスマッチが起こりません。
人気なのはやはりティアラかお花。
ティアラはオーソドックスなカチューシャ型、かわいらしいクラウン型、大人っぽい
コーム型があり、ゴージャスなドレスにも可愛いドレスにも合わせることができます。
お花は、プリザーブドフラワーだとやや値が高くなりますし、加工感が出ますが、途中で枯れる心配がありません。
造花は生花にはない超大型の大輪や、頭を全体的に覆うタイプの髪飾りにも対応できるため、
生花ではできない特殊なものや派手なものにも対応できます。生花は、二次会まで
つけっぱなしでいるとくたびれてしまう可能性がありますので、 途中でカチューシャに変更するか、枯れたら作り直してもらうなどの準備を考えておくべきですが、やはり最も人気があります。 一言にお花の髪飾りといっても、生花の大輪を使えば華やかさを演出でき、小花を使えば繊細な雰囲気を出すことができます。 また、花輪は可愛らしく、クラシックなまとめ髪の背後に付ければエレガントに、サイドに流せば女性らしさを出すことができます。

幸せのおまじない、サムシングフォー

ヨーロッパ発の習慣がサムシングフォー。
4つのアイテムを身に着けて式に出れば、幸せな結婚生活が送れるとされており、日本でも広く知られるところとなりました。

  • サムシングオールド
    何か一つ古いもの、です。元々は先祖代々伝わったものや、家族から譲られた宝飾品ですが、
    ご両親の結婚式の際に使われた衣装やリボン等でも構いませんし、新婦が小さなころ使っていたおくるみの布などでも構いません。
  • サムシングニュー
    何か一つ新しいもの、です。新しく新調したもので、白いカラーのものにします。
    長手袋などの小物でも構いませんし、ドレス自体が新品を購入しているのなら、それもサムシングニューに該当します。
  • サムシングボロウ
    何か一つ借りたもの、です。幸せな結婚生活を送っている人から幸運を分けてもらうものです。
    何を借りるかは決まりはありませんが、借りやすいハンカチやアクセサリーを用いる人が多いです。
  • サムシングブルー 何か一つ青いもの、です。もともとは聖母マリアのシンボルカラーである青を身に着けることで、純潔を表すといわれています。 本来は目立たない場所に身に着けるといいと言われ、ガーターに青いリボンをつけたり、宝飾品の内側に青い宝石を組み込むなどされていましたが、 最近はブーケに青い花を入れることで代用することもあります。
結婚の礼装

招待客側

婚約から結納まで

婚約中から挙式準備まで

さまざまな挙式スタイル

結婚の礼装

結婚式当日

仲人(媒酌人)

挙式後の新生活

お見合い(縁談)

ページの先頭へ

結婚準備&マナー集:ドレスに必要な小物のそろえ方についてご紹介します