manner
  1. ホーム
  2. 招待客側
  3. 披露宴でのマナーと心得

披露宴でのマナーと心得

最初の印象は良いほどいいです!到着から受付まで

式が始まる15分前には少なくとも会場に到着するようにしましょう。
交通機関は公共のものもしくは徒歩かタクシーで向かいます。
自転車や車は極力使用しないようにしましょう。
受付に着いたら、「おめでとうございます」と言ってご祝儀を渡し、記帳を行います。
コートや大きな荷物はクロークか指定の場所に預け、スマートに動けるようにして
おきましょう。
また、念のためトイレの場所なども受付の際に確認しておくと安心です。

控室~入場~着席までのマナー

控室でご親族様と顔を合わせた場合は、「この度はおめでとうございます」と声をかけます。
ただし、ご親族様は事前の準備に忙しいため、手短に済ませましょう。
ウェルカムドリンクがある場合は頂いて待っていても構いません。
入場までの間に自分の席を確認しておき、スムーズに移動できるようにしておきます。
着席する前に必ずネームカード等で自分の席に間違いがないか確認しておき、椅子の左側から
着席します。同じテーブルになった方々とは軽く挨拶をしておきましょう。

食事の際のマナーと注意点

料理 ナイフやフォーク、ナプキンの使い方などは一般的なテーブルマナーを必ず意識しましょう。もちろん、音を立ててすすらない・噛り付かない等のマナーも同様です。
ただし、沢山お料理が出てきますので、無理して完食する必要はありません。
適度なところで終わりにし、ウエイターに
下げてもらいましょう。
また、お酒が飲めるからといってへべれけになるのは考え物です。
最後までマナーよく楽しめるように、それなりにセーブしてお酒は楽しみましょう。
スピーチの際にもお食事やお酒を楽しんでも構いませんが、お話が終わったら必ず拍手をしておきましょう。
また、長時間となるため食事の途中でお手洗いに立ちたくなることもあるかもしれません。
その際はタイミングを見て、イベントの途中などは避けましょう。
歓談の時間やお色直しの際などにこまめに行っておくことをお勧めします。

退場時に気を付けたいこと

新郎新婦の退場の際には盛大な拍手で送り、会場から退出アナウンスがあれば速やかに席を
立ちましょう。酔っぱらっていつまでも座り込んでいることのないように。
また、ご親族様や新郎新婦には、招いて頂いた御礼と式の感動や喜びを伝えて退出するように
しましょう。同じテーブルの方々にも感謝の気持ちを伝えるといいでしょう。
引き出物やプレゼント等がある場合は有難く受けとりましょう。

招待客側

招待客側

婚約から結納まで

婚約中から挙式準備まで

さまざまな挙式スタイル

結婚の礼装

結婚式当日

仲人(媒酌人)

挙式後の新生活

お見合い(縁談)

ページの先頭へ

結婚準備&マナー集:披露宴でのマナーと心得知って得する情報をご紹介します