manner
  1. ホーム
  2. 挙式後の新生活
  3. 結婚後、はじめてのあいさつ

結婚後、はじめてのあいさつ

挙式で逢ったのにまた挨拶に行かなきゃいけないの?

挙式で逢ってすぐ、無事に式が終わったことも知っているし、わざわざ報告が必要なの?と
思いがちですが、必ず挙式後の挨拶は済ませておきましょう。
基本的には夫婦揃って互いの家まで行き、挙式までいろいろとお世話になったお礼と報告に
出向きます。 理想としては、挙式翌週あたりの休日に行くことができればいいですが、
どうしても都合が合わない場合は、早めに挨拶に行きたい旨を連絡しておき、少なくとも1ヶ月以内には挨拶を済ませておきましょう。

新婚旅行へ行った場合、行かなかった場合、新婚旅行が先の場合

新婚旅行挙式後すぐに新婚旅行へ行った場合は、新婚旅行から帰った翌週にでも、お土産を持参して挨拶を済ませるといいでしょう。
その際に、旅先で撮った写真等も持参すると喜んでもらえるでしょう。 新婚旅行へ行かなかったカップルは、挙式や披露宴後1か月以内には、挙式の写真やDVDを持参して自宅へ出向きましょう。新婚旅行のお土産がない代わりに、二人から菓子折り等のお土産を準備していく配慮は忘れずに。 挙式から新婚旅行まで期間が空く場合は、新婚旅行へ行かないカップルと同様、式の後に先に挨拶を済ませておき、新婚旅行後に別途お土産を持参するのが望ましいでしょう。

新郎側から?新婦側から?挨拶の順番について

これといって特に決まりがあるわけではありませんが、一般的にはやはり新郎側のご家庭に先に挨拶をするべきだと考えられています。 新婚旅行へ行くカップルの場合は、新婚旅行へ帰って来た日に挨拶がてら新郎の実家へ宿泊して、その翌週の休みに新婦の実家へ挨拶に行く、
というパターンが多いようです。 きちんと挨拶さえすれば、その後一緒に食事へ行かなければならないという決まりはありませんが、新婚のふたりが実家でゆっくりしていくことを
喜ぶご両親も多いため、挨拶を同日に一気に詰め込まず、スケジュールに余裕を持っておくのが好ましいでしょう。 また、どちらかの実家が遠方になり、片方の家にだけ先に挨拶に行くような場合は、前もって電話でその旨を報せておきましょう。
挨拶を忘れていないということと、もう一方の家には早めに足を運ぶということを伝えておけば、遠方のご両親も安心して二人の挨拶を待つことができます。
また、特別にお世話になった親族等がいれば、両親への挨拶が終わってから、別途ご挨拶に行くことをお薦めします。

挙式後の新生活

招待客側

婚約から結納まで

婚約中から挙式準備まで

さまざまな挙式スタイル

結婚の礼装

結婚式当日

仲人(媒酌人)

挙式後の新生活

お見合い(縁談)

ページの先頭へ

結婚準備&マナー集:結婚後、はじめてのあいさつについてご紹介します