manner
  1. ホーム
  2. 挙式後の新生活
  3. 新居の準備

新居の準備

新居選びのポイントは?

新居一人暮らし経験者は自分の好きなように部屋を選んでいたでしょうし、実家暮らしはそもそも部屋を選んだことがありませんよね。
誰かと暮らす場合、自分の都合だけでは部屋が選べないため、相手のライフスタイルも考慮に入れておかなくてはなりません。
都会に住むのか田舎に住むのか?という問題も、予算を考えれば田舎の方がいいし落ち着くけれども、どちらかのお仕事が激務ならば、会社から近い場所を選んだ方がいいことも。 家の印象や予算だけで選ぶと、後々不満が出てくるのは間違いありません。
また、ペットが飼いたい、車を持っているといった希望を考慮に入れて部屋を選びましょう。
お互いの譲れない条件や生活事情を理解する期間として、どれだけお金に余裕があっても、
新婚数年の間は賃貸で住ませておく方が無難かもしれません。 また、赤ちゃんができると生活も大きく変わってきます。住宅を「購入」する場合は特に、末永い将来までよくよく考える必要があります。

親との同居や社宅の場合

二人きりで暮らす場合と比較して、社宅への入居や親との同居は気を使うものです。
特に、義理の両親との同居はいろいろとストレスが…という噂がつきものですよね。
そんな場合は是非、パートナーに両親の生活スタイルを予め確認しておきましょう。
綺麗好きなのかそうでもないのか、食の好みはどんなものか、健康状態はどうか、趣味は何か。お仕事をしている方には休日の過ごし方や朝起きる時間等もチェックしておいて、
ある程度相手に合わせられるようにシュミレーションしておきましょう。そういった日常の
気遣いもストレスになりかねませんが、それ以上に人間関係が上手く行かないことによるストレスの方が遥かに大きいもの。両親ひっくるめて円満に生活するための努力は惜しまないようにしましょう。 また、社宅の場合も、周囲にお住まいの方々との人間関係は、一般の住宅で
暮らす場合よりもよくよく注意するべきです。家族の評判が仕事の評判まで左右することの
ないよう、引っ越しの際のご挨拶はぬかりなく。

引っ越しをするタイミングは?

新居式が終わったら新居!というイメージがあるかもしれませんが、カップルの多くが挙式前には住宅の選定を住ませて一緒に暮らし始めています。独りでサクッと決められた独身時代のようにはいきません。少なくとも半年前までにはお家選びを始めておいて、挙式の1ヶ月前にはいつでも住める状態にしておくことをお薦めします。 また、早めに準備しておくと、新生活に必要なものが何か、足りないものが何かが
判ってきます。そこで、足りないものを結婚祝いとして両親や友人におねだりしてしまうことも可能。必要な家具家電はリストアップしておきましょう。 また、特に賃貸の場合は、いい物件が出回りやすい時期とそうでない時期があります。2月~3月末にかけては引っ越しの多い時期。こまめに不動産屋をチェックしていたら、理想の物件がぽっかり空くかもしれません。この時期に合わせて引っ越しを計画すれば、人が動かない時期に物件巡りをするよりはいい条件での引っ越しができる可能性が高まります。

挙式後の新生活

招待客側

婚約から結納まで

婚約中から挙式準備まで

さまざまな挙式スタイル

結婚の礼装

結婚式当日

仲人(媒酌人)

挙式後の新生活

お見合い(縁談)

ページの先頭へ

結婚準備&マナー集:新居の準備についてのマナーをご紹介します