manner
  1. ホーム
  2. 挙式後の新生活
  3. 新生活の準備

新生活の準備

やっぱり一番重要。お金の話はきちんとしておこう

お金夫婦になったら、お互いの財産は「共有」の財産となります。旦那様のおこづかい制や
ヘソクリ、趣味の買い物が配偶者にバレたら怒られる・・・というイメージもここから来るのですね。 最近は共働きの夫婦も多いため、「自分のことは自分で」と言う夫婦も増えていますが、お金のことは一度真剣に話し合って計画を立てておくべきでしょう。
共働きでよくありがちなのが、「相手が貯金してくれてると思ってた」というもの。
子供、家の購入、転職などの転機の際に、相手の貯蓄をアテにしていて物事がうまく進まないというのはよくあることです。 可能であれば、毎月共同の口座に決まった額を出し合って
貯蓄をすること、毎月の貯蓄額、程度はきちんと決めておいた方がいいでしょう。
また、共働き、片方が働くという場合問わず、どちらかが管理する場合は、どのように管理し運用していくのかを長期的視点で計画を立てましょう。 自由に使っていいお小遣いの額、
貯金の額、旅行等の大きなお金が動く余暇のための貯蓄、お小遣い以外で出していい例外の
出費ルール、貯金以外の資産運用の面なども、話し合いをして息を合わせておかないと、お互いに心のざらつきが生まれるかもしれません。

将来設計は大丈夫?

お金以外の将来設計についても話し合うことが重要です。互いの両親が介護が必要になった
場合、どのようにしていくのか、子供はいつ頃欲しいのか、家はずっと賃貸なのか、ペットが欲しいか… もちろん、これらのイベントは相互的にも影響しあうものですし、予算にも深く
関わります。お金の話をある程度決めた後でも、どうしても譲れないイベントがあるとすれば、お金のやりくりを見直す必要も出てくるでしょう。

保険、仕事、住まい・・・他にも色々再検討するべきところが。

他にも、独りで加入していた保険をそのまま継続するのか、という問題が出て来ます。
特に、どちらか一方が仕事を辞める場合、一家の大黒柱になにかあったら家計がたちゆかなくなることも・・・そんなときのために備えとして、家族をカバーできる保険に見直す必要があるでしょう。 また、仕事自体も、ボーナスが出ない、業績が悪い、給与が上がる見込みが
ない…といった不安定な企業に所属している場合は、転職を検討するきっかけとして、互いに話し合うこともお薦めします。 また、住まいの場所に関しても、両親の近くに引っ越す可能性はあるのか、仕事に伴って変わる可能性があるのか、単身赴任の可能性はあるか等をしっかり話し合うべきでしょう。

挙式後の新生活

招待客側

婚約から結納まで

婚約中から挙式準備まで

さまざまな挙式スタイル

結婚の礼装

結婚式当日

仲人(媒酌人)

挙式後の新生活

お見合い(縁談)

ページの先頭へ

結婚準備&マナー集:新生活の準備についてご紹介します