結婚内祝い.JP ホーム カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

結婚後(1〜2週間)

結婚後、はじめてのあいさつはふたりそろって両親にあいさつ、新しい人間関係をスムーズにすすめていくために最初が肝心です。



・なるべく早く両親の家を訪問
・贈り物を用意するのが正式
・仲人や職場、友人には新婚旅行のおみやげを




新婚旅行から帰ったら、まず双方の両親に電話で無事帰ってきたことを知らせ、その後なるべく早くあいさつにいきます。正式には、男性側の家を最初に訪問します。
結婚してからはじめてのあいさつなので、最初が肝心。男性の家族全員に贈り物を持っていき、女性は「これから家族の一員に加えさせていただきます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。」とあいさつしましょう。
かつては男性側の家では、あいさつに来たふたりのために、家紋の入った着物、またはパールなどのネックレスを用意しました。しかし、最近は紋付きの着物を着ることも少なく、パールのネックレスもすでにもっている場合も多いので、ほかのアクセサリーなどを贈ってもよいでしょう。
正式なあいさつというわけではありませんが、結婚式のときのお礼をかねて、女性の実家、仲人、親戚などにも、早めにあいさつにいきます。
なお、仲人へのあいさつには振り袖を着てもよいとされています。これが振り袖を着るラストチャンスです。



あいさつ回りは挙式後2〜3日以内とされてますが、先方の都合もあるのでおそくとも1〜2週間以内に訪問。
贈る物は、最近は新婚旅行のおみやげを贈ることが多いようです。遠方の場合は、電話であいさつしてからおみやげに手紙をそえて送ります。
職場には、挙式後ははじめて出社する日に上司にあいさつしをして、おみやげをわたし、同僚にも全員で食べれられる菓子などを配るといいでしょう。




かつてのあいさつは、「嫁に行く」「嫁に来た」という認識があるため、男性側のみにあいさつをしていたのかも。またその当時は、婚姻することで男性側の戸籍(筆頭者は男性の父もしくは祖父)に入ることに。
こうしたことからも、きちんとしたあいさつが必要だったはず。現在は新婚旅行のおみやげをもって、旅行報告をしに行くことがほとんどだが、家族の一員となったのは確かなことなので、贈り物は別にしろ、礼儀正しいあいさつをしたい。




贈り物の例


・父親にはブランド品のポロシャツなど、母親にはハンドバッグかブラウスなど。祖父母、兄弟姉妹全員とその人たちが既婚者の場合はその配偶者にも用意する。 また、仏壇があれば箱入るの線香を供える。
・新婦の名前で、新郎の家族全員に贈り物を用意する。新婦か新婦の母親が見立てて気のきいた品物を選び、奉書紙と金銀の水引をかける。
・右上に「御父上様」「御母上様」と
・金銀の水引を中央で結び、輪の上部で一度交差させてから左右に垂らしてとめる。
・新婦の名前を書く。表書きは「寿」
・奉書紙を使う場合は、2枚重ねて横長に折り、折り目を下にして箱に巻く







Q 仲人へのお礼を結婚式後にすませたら、あいさつにいかなくてもいいものなの?

A 本来なら、双方の両親が結婚式後仲人の家を訪問しますが、最近は、披露宴後に式場の控え室などですませます。そのためあらためてあいさつをする必要はありません。
  ただ、お世話になったことへの感謝の気持ちとこれからもよろしくお願いしますの気持ちを、おみやげとみやげ話にたくすのもいいでしょう。
  きっと仲人は、幸せそうなふたりに会えるのを 楽しみにしているでしょう。

Q どんな服装で、あいさつにいけばいい?

A 「もう家族だから」と、男性側の実家に、自分の家のなかで着ているようなファッションで出かけるのはやめましょう。
  とりあえず結婚後ははじめてのあいさつです。それをすませてから家族の一員になると考えましょう。
  適したファッションは、ワンピースかブラウスとスカートです。つぎに男性側の実家に訪れたときは、普段着で「お母さん」と甘えるのはいいことです。




結婚するときには、休暇届や、結婚届、社会保険など、勤務先に届け出をしなければいけないものがあります。



・挙式などの休暇届は1ヶ月前までに
・結婚届など人事課に確認して
・退職届は3ヶ月前までに
・扶養家族となるときは社会保険や年金の切替えを




役所だけでなく勤務先にもいろいろな届け出が必要です。挙式までの準備段階での報告から、結婚後仕事を続ける場合も退職するときもそれぞれに書類の提出や手続きなどがあります。




まず、挙式の日取りが決まったら口頭で上司に報告を。新婚旅行の日程が決まったら、おそくとも1ヶ月前までには休暇届けを出しましょう。挙式・旅行とあわせて1〜2週間程度の休暇が一般的ですが、会社の規定がある場合はそれにしたがいます。婚姻届を役所に提出したら、職場には結婚届(または身上異動届)を。引っ越しした場合は住所変更届も提出します。

給与や保険、年金などの各種変更手続きは、結婚届などをもとに会社側が行う場合がほとんどですが、念のため人事課などに確認してみましょう。また、職場では旧姓でとおすとき以外は、名刺や社用の印鑑などのつくりかえも必要になります。




結婚を機に退職する場合は、結婚が決まったときからおそくとも3ヶ月前までには退職届けを提出します。人事や引継ぎの件もあるので、直前に申し出るのはルール違反です。
退職後、専業主婦(夫)になる場合は配偶者の扶養家族となります。役所と同時に夫(または妻)の勤務先に社会保険や年金の切替についての届けをします。




新婚旅行から帰り、長い休暇をとったあとの出社第一日目は、結婚式や休みのあいだにお世話になった上司や同僚を出迎えるような気持ちで、いつもより少し早めの出社を心がけて下さい。
 お礼もふくめて、職場のみんなに配れるお菓子などのおみやげを持参しましょう。



勤務先への届出項目は職場によって異なるので、人事課などに確認すること。
 ゝ找貌蓮У鷦阿篆刑旅行などの日程が決まったらできるだけ早く、おそくとも1ヶ月前までには申し出ておく。
 結婚届・身上異動届:結婚により戸籍が新しくなるので、改姓してもしなくても必要。様式などは勤務先によって異なる。
 社会保険(名義変更)届:夫婦ともに仕事を続けるときはそれぞれ住所変更や改姓など名義変更に関する届け出が必要。
  ※年金や保険証などの名義変更は、勤務先で自動的に行ってくれることも
 ぢ狄ζ蓮Х觝Г決まったら出来るだけ早いうちに届け出を。有給休暇を消化する場合はその期間も配慮してより早めに。
 ト鑄淪榮蓮┷福壁廖砲被扶養者となる場合は、扶養家族申請書とともに配偶者の保険の切替を届け出る。




仲人とのおつきあいは3年間などといわず、敬意をもって末永く続けたいものです



・新婚旅行後早めのごあいさつを
・はじめての赤ちゃんのときは報告を
・訪問時には、連絡と手みやげを
・仲人三年とわりきらず、末永いおつきあいを




まず新婚旅行から帰ったら早めに連絡をしてごあいさつにうかがいましょう。旅行のおみやげとともに結婚式や旅行先での写真ができていれば、それも持参します。
仲人が上司で毎日顔を合わせているような場合でも、ふたりそろって訪問するのがマナーです。そしてはじめての赤ちゃんのときは、妊娠の報告、出産の知らせ、できれば落ち着いたころで親子3人そろって仲人宅を訪ね、赤ちゃんの顔を見てもらいましょう。
こうした節目ごとの報告を受けるのは、仲人夫妻もうれしいものです。本来仲人とは生涯つきあうものとされますが、最近では挙式当日だけの頼まれ仲人も多く、お中元お歳暮は3年までといわれることも。ですが、だからといって急に連絡をやめてしまうのではなく、ときおり連絡をして、贈りものはともかく、おつきあいは末永く続けましょう。




仲人のお宅を訪問するときは、必ず前もって連絡を入れ、先方の都合を伺うこと。
あまり早い時間やおそい時間をさけるのはいうまでもありませんが、「食事でもご一緒に」などとお誘いを受けたとき以外は、食事時などに訪ねるのも遠慮しましょう。
お願い事や相談、新年のごあいさつなどあらたまった場合でなくても、お宅に伺うときは、お菓子や果物などの手みやげを忘れずに。




Q ごあいさつはいつすればいいの?

A まずお正月ですが、できれば三が日、おそくとも7日までには、新年のごあいさつに伺います。
  お中元(7月)とお歳暮(12月)は持参するほうが丁寧ですが、そうたびたび訪問するのは先方にも負担をかけるので、
  心をこめて選んだ品物をお贈りすればよいでしょう。また結婚記念日には、電話でかまわないので、あいさつと近況報告をしましょう。
  きっと、カレンダーを見ながら「あら、もう1年がたったのね。あのふたりどうしてるかしら」と思っているはずです。