manner
  1. ホーム
  2. 婚約から結納まで
  3. 結納品をそろえる場合

結納品をそろえる場合

結納で準備すべき九品目とは?

結納品は、地域性もありますが9品目を準備するのが一般的。
ただし、地域によったり、簡略化する場合は7品目や5品目となることもあります。
関東式の9品目は、目録(結納品について記したもの)、
長熨斗(高級品のあわびを長く伸ばしたもの。長寿を祈る)、金宝包(結納金)、
末広(白い扇子。末広がりを祈る)、友志良賀(白い浅糸。白髪になるまで末永く)、
子生婦(昆布。子だくさん)、寿留米(スルメ。末永く続くことを祈る)、
勝男節(鰹節。男性が強く女性を守れるように)、家内喜多留(酒樽。幸福な家庭を祈る)
の9品目。
関西では、子生婦、婚約指輪、寿留女(するめ)、長熨斗、高砂人形(翁と姥の人形。
歳をとるまで添い遂げられるよう祈る)、寿恵広(関東式の末広にあたる)、勝男節、
柳樽料(結納金の1割を別途納める)、結納金の9品目です。

地域での違い

上記のように、準備する結納品の品目は、地域によって異なります。
結納品への考え方自体も、地域によって違いがあります。
関東式の結納の場合は、男性側も女性側も同格として結納を行います。
よって、両家ともに結納品を準備し、交換する形をとります。
また、男性側から贈られた結納金の半額程度を女性側がお返ししたり、記念品として
贈ることが多いです。
関西式では、結納品は男性側から女性側へ贈るのが一般的です。
結納金も、女性側からはお返ししません。後日、結納金の1割程度を、女性からお土産として
持参するのが、結納金へのお返しとなります。
九州式は、基本的には関西式と同様になりますが、結納品にお酒や鯛などの品物が
加わる上に、結納飾りもとりわけ豪華になります。
九州は結納をたいへん重要な儀式として捉えていますので、結納品の準備もことさら盛大に
行います。
異なる地域の方と結婚する場合は、どちらの地域に合わせるのか事前によく話し合っておかないと、認識に相違が出てしまいます。

婚約指輪が結納金の替わりになる?

結婚指輪は結婚記念品、関西式なら結納品の一つです。
結納金はまた別の品目となっていますので、結婚指輪は結納金の替わりにすることは
できません。
一般的に結納金は男性の給料の2〜3ヶ月と言われていますが、特に決まりはありません。
指輪にくわえて結納金を準備するのが負担となる場合は、両家で相談し合いましょう。
合意が得られれば結納金を省略することもできますが、結婚指輪をもらっただけの場合は
「結納なし」とされてしまいますので、可能な限り渡しましょう。
また、既に指輪を渡している場合は、結納品として一旦お渡しして結納を行うのが一般的です。 ただし、目録に記載しておくだけでも結納を行うことはできます。

婚約から結納まで

招待客側

婚約から結納まで

婚約中から挙式準備まで

さまざまな挙式スタイル

結婚の礼装

結婚式当日

仲人(媒酌人)

挙式後の新生活

お見合い(縁談)

ページの先頭へ

結婚準備&マナー集:結納品をそろえる場合についてのマナーをご紹介します