manner
  1. ホーム
  2. 仲人(媒酌人)

仲人(媒酌人)

仲人は超!責任重大。よく考えてから引き受けよう

仲人って二人の仲を取り持つ人?頼まれたら何すればいいの?という人も多いかもしれません。過去、結婚の際にほぼ必ず行われていた結納。仲人は、その結納をきちんと行うために
なくてはならない存在でした。しかし、昨今は結納そのものを行うカップルが非常に減っているほか、結納を行う場合でも、仲人を必要としない略式結納がほとんどです。
したがって、仲人の存在は身近なものではなくなり、ますます仲人の存在意義が変化してきました。現在では媒酌人と言われる、結婚式で二人の結婚を報告する年長者のことを、仲人と
呼んでいるケースもあります。仲人は結婚式では新郎新婦の両親からも「立てられる」立場。
非常に重要で格式ある立場の方とされています。二次会の幹事や受付等を頼まれる感覚で行うことはNGです。 「よくわからないけどなんとなく」で引き受けず、新郎新婦がどこからどこまでの役割の仲人を求めているのか、 自分にその素養があるのかも真剣に考えてから引き受けるようにしましょう。

いい結婚式にするためのサポート役

スピーチ結婚式のスピーチの中でも、仲人からのスピーチは特に目立ちます。仲人は前途したように、結婚式でも中核を担う存在になるため、式に参加した方だけでなく、新郎新婦の両親もかなり注目しています。準備を怠らないようにして、スムーズに結婚式を進めてあげましょう。他にも、両親に変わって新郎新婦の世話をしたり、参加者に目を配ったりと、
結婚式を成功させるために尽力しなくてはなりません。 具体的にどのようなことに気をつければいいのか、どのようなスピーチを行えばいいか等、参考になるお話を以下に記しています。 仲人を頼まれている方は、是非参考に読んで、準備を進めていきましょう。

結婚式だけで終わる仲人ではないように

結婚式までの流れをスムーズに行うだけが、仲人の役割ではありません。
結婚式後も、人生の、そして夫婦としての先輩として、第二の親として見守ってあげることが、仲人のつとめです。最近では、比較的年齢の近い先輩等にお願いするケースも増えており、このような場合は親しく飲みにいくこともあるでしょうが、普段あまり近しくない先生や親戚にお願いされた場合は、式の後はなかなかに疎遠になってしまいがち。
きちんとした新郎新婦なら、数年間はお年賀やお中元等のタイミングで贈り物やお便りを
くれたりしますので、折りをみてアドバイスをしてあげたり、悩みを相談されたりといった、
第二の親としての役割を果たして上げて、未熟なふたりを見守ってあげる存在に
なりましょう。

仲人(媒酌人) 一覧

招待客側

婚約から結納まで

婚約中から挙式準備まで

さまざまな挙式スタイル

結婚の礼装

結婚式当日

仲人(媒酌人)

挙式後の新生活

お見合い(縁談)

ページの先頭へ

結婚準備&マナー集:仲人(媒酌人)についてのマナーをご紹介します