manner
  1. ホーム
  2. 結婚の礼装

結婚の礼装

結婚式の礼装は会場の装飾以上に大事!

衣装結婚式で必ず話題に上がるのが、料理と衣装について。
披露宴の料理は本格的な料理であることが多く、参加者の多くが楽しみにしています。そして、もう一つの要となるのが衣装。 華やかなドレスや和装を身に纏った新婦の姿や、普段見たことのないしっかりとした礼服・袴でキメた新郎には、思わずため息が出てしまいますよね。
未婚の方の結婚願望度がぐっと上昇する瞬間でもあるでしょう。参加者に楽しんでもらう式にするためには、やはり衣装の選択は非常に大切になってきます。
また、参加者の衣装も新郎新婦側からみると、かなり大切な要素のひとつ。会場を彩る色とりどりのドレスは、会場の華やかさをぐっとUPさせます。参加者も楽しめて、新郎新婦にお祝いの気持ちを伝えられる礼装で参加したいものですね。

新郎新婦の衣装を選ぶために

もちろん、着用したいドレスや和装があるのであれば、一生に一回のことですから、その意志を尊重して好きなものを着ることをお薦めします。でも、ドレスを選ぶには、予算、会場、
お花、小物、お色直し等、他にも考慮しないといけない要素が沢山。ドレスが良ければ
いい式になるわけではありませんが、ドレスに手を抜いてしまうと結婚式の楽しみが半減してしまうかも。 また、男性の衣装にはなかなか目がいきにくいものですが、新郎側の友人は
もとより、新婦側の友人も、「あの子、どんな人と結婚するのかしら」という目で見ているのが結婚式当日。その人らしい衣装を選んで、新郎新婦息の合うバランスの取れた衣装を心がけましょう。

参加者の衣装について

参加者の衣装については、まず「好きなものより、マナー」を優先しましょう。
たった少しのマナー違反でも、大切な式の場面では非常に気になるものです。
とはいえ、地味すぎる衣装ではお祝いの気持ちが伝わりません。いつもより特別感を出すことで、祝福の気持ちを表現しましょう。 これから衣装を選ぶ方は、百貨店等のきちんとした
ショップでドレスを選べば、店員さんにアドバイスが貰えますが、ストッキングや靴の種類、
髪型の細部に至るまで守るべきマナーがあります。服装においての注意点に漏れがないように、予めきちんと確認しておきましょう。

結婚の礼装 一覧

招待客側

婚約から結納まで

婚約中から挙式準備まで

さまざまな挙式スタイル

結婚の礼装

結婚式当日

仲人(媒酌人)

挙式後の新生活

お見合い(縁談)

ページの先頭へ

 

結婚準備&マナー集:結婚の礼装についてのマナーをご紹介します